MENU

ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 【中学時代のサンキュー先生との思い出!(その②)】

ブログ2020.07.14

【中学時代のサンキュー先生との思い出!(その②)】

facebook

Twitter

LINE

【中学時代のサンキュー先生との思い出!(その②)】のアイキャッチ画像

【中学時代のサンキュー先生との思い出!①】の続き…

採用後すぐに、能登川高校に赴任され野球部の指導に…

当時の能登川高校はとても甲子園に出場するレベルではなく、2回戦までどうやって進むか?くらいのレベルでした。しかし、しばらくすると能登川高校野球部にもチャンスが訪れ、甲子園を狙えるチームにまで成長したのです。

やったー!サンキュー先生!甲子園出場か?

そして、センバツの出場条件となる秋季大会で惜しくもベスト4で敗れ近畿大会進出を逃したものの、夏への再起を誓い冬場の猛練習で迎えた春に、なんとこのサンキュー先生は転勤となってしまったのです。
夏の甲子園予選大会のシードを決める春季大会の直前での無情の転勤!結局、能登川高校は直後に行われた滋賀県春季大会で見事優勝して、滋賀県代表として、近畿大会に出場し甲子園の出場を決める夏の県予選の第一シードを獲得したのです。

もう一度!甲子園に挑戦

それからその後もこれもまた弱小野球部の監督を歴任して、次の転勤先の河瀬高校でも野球部の監督に!この河瀬高校野球部も過去に赴任した高校と同じで、中学時代に補欠であった選手がほとんどである弱小チームだったのですが、徐々に実力が向上し、2011年の夏の滋賀県大会で強豪 八幡商業とベスト8で戦い中盤で1点差まで詰め寄り、しかも得点圏にもランナーがいる状態で一気の攻勢をかけて逆転の大チャンス!押せ押せムードで追いつめている中、大雨による中断が2時間ほど続いてしまい、結局、甲子園の常連校である八幡商業が中断を巧みに使って勝利して、河瀬高校が健闘及ばず準々決勝で敗北し、そのまま八幡商業が甲子園に出場を果たすこととなりました。しかし結果的には県大会で八幡商業を最も苦しめたのがこの河瀬高校でしたので、ここでも無情の雨に泣かされ甲子園を逃してしまうこととなってしまったのです。

最後の赴任先で幕内力士と合同練習

そして、次に赴任したのが八幡商業ではなく八幡高校、この学校も中学時代は補欠クラスで野球をしていた選手が多く、なかなか厳しい環境でのスタートとなったのですが…
サンキュー先生が八幡高校に赴任されてからは、私が面倒を見させて頂いている大相撲部屋の力士のリハビリトレーニングを同高校の野球部と合同で行い、テレビに出てい本物の幕内力士の大きさに戸惑いを見せながら、相撲仕込みの慣れないストレッチを力士から教わって苦戦していたのがとても印象的でした。
因みに、その時にお世話になった幕内力士は今や相撲部屋を開設されて親方して後進の指導をされています。

ついにサンキュー先生にもその時が…

しかし、このサンキュー先生も定年という年齢を迎えてしまい、この夏の大会を最後に指導者としての活動に終止符を打たれることになりました。

この最後の夏にもう一度、快進撃を期待していたのですが、今度は新型コロナウイルスで練習も対外試合も夏春の甲子園もすべて中止、コロナ次第では何らかの県大会が開催される可能性もあるのですが、無情にも最後の指導者としての夏は無情にもCOVID-19(コロナ禍)で静かに学校野球の指導者としての幕を下ろさせるのです。
あとは、無事に滋賀県大会が開催され最後の監督としての指揮を見られることを願うばかりです。
 

野村克也さんを彷彿とさせる指導

私はこの先生をどうして応援したくなるのは、戦力的にも素質的にも決して恵まれていないチームを底上げして、選手の潜在能力を向つけだし、そして、選手の特性を生かして強豪校と戦えるまでに成長させてきた手腕に魅力を感じていたからで、何か「野村克也」さんに近いところがありました。
しかも、一見勘違いされる顔つきに不器用なしゃべり方で誤解をされるのですが、私が長年接してきて思っていたことは、生徒のことを真剣に考えて過ぎて、胃腸をよく壊していた印象があり、純粋な先生で「目立たぬように、はしゃがぬように」の様な地味な方なのですが、教員としても指導者としても地味なのに魅力を感じる不思議な先生です。

私の人生の中で半年間しかご指導を受けれなかったのですが、学生時代に影響を受けた大恩師!以前に紹介させて頂いた、西村光夫先生とこの島村忠男先生との出会いが無ければ、今の私は存在していなかったと言っても過言ではありません。

この夏(7月19日)に滋賀県大会が開催された暁にはどうか私の大恩師である八幡高校野球部監督に注目して頂ければ幸甚です。
開催されれば一回戦でいきなり甲子園出場経験がある近江兄弟社と対戦するのですが…

この記事をシェアする

facebook

Twitter

LINE

カテゴリー
アーカイブ

タグ