MENU

トータルヘルスケアグループ アドバイザー ご紹介

アドバイザーご紹介

トータルヘルスケアグループ
アドバイザー 立川勇希

トータルヘルスケア:アドバイザー
メディカルトレーナー/アスレチックトレーナー
ニューバランスN-ケアフット、マタニティーシューズ開発協力、すこぶるウォーカー開発、プロ野球選手用スパイク開発など足とシューズの臨床研究を実施。また、自らも100kmウォーキング大会などに出場し製品の機能的テストを行っている。
レスリング5段、MIU博士課程修了(バイオメカニクス理論)
1993年 栄光ヘルスケア(現トータルヘルスケア)を開業。
1997年 栄光整骨院(現アスリート整骨院)開業。

私の施術は「体の歪みを正し」
つながりを正しく戻す施術です

プロ野球選手の専属トレーナーや各プロレス団体の公認トレーナーを歴任。総合格闘技団体のリングトレーナーも務めていた。
アメリカの足病専門医や整形外科医、トレーニング施設などに太いパイプを持ち、数々のオリンピック選手を渡米させ紹介している。

開業後、元阪神タイガース・亀山努選手のアキレス腱炎治療で渡米。日本では手術以外治療法がないと言われた症状だったが、アメリカの足病専門医は、シューズとインソールの改善や治療プログラムによって回復可能と診断。亀山選手は約3週間で復帰を遂げた。
この「足病専門医」とは膝痛、外反母趾など足のトラブル専門の医者で、当時日本では認知すらされていない医療。衝撃を受けた立川は、以降アメリカに頻繁に渡り足病専門医、足底板技師に師事。大学や有名シューズメーカーのラボなどでバイオメカニクスやシューズ、インソールについて学ぶ。
こうした足病医学に基づくシューズやインソールが国内にも必要と考え、1998年株式会社SUKOBURU設立、バイオメカニクス理論に基づくインソールやシューズ開発を行っている。

自らも製品や理論の効果を体感

開発したシューズ“すこぶるウォーカー”を履き、100kmに渡る数々のウォーキング大会に参加し完歩。自らの身体で製品や理論の効果を体感しながら徹底的な検証を繰り返し、ブラッシュアップに努める。

当院の施術は体の歪みを正し日常習慣を改善すること

「腰でも頭でも、人の体はすべてつながっています。人間はその生活習慣、姿勢、職業、スポーツなどで、どうしても体が歪んでしまうもの。その歪みが時には体のつながりを崩し、痛みになって表れるのです。病院などで原因が見つからない場合は、これに該当することがとても多い。

私の施術は、体の歪みを正し、このつながりを正しく戻す施術です。当院の施術で正し、さらにご自宅でのセルフケア指導で原因となっていた日常習慣を改善していただく。長く何度も頻繁に通う苦労は、もうしていただきたくありません」

アスリート整復院院長
整復師 上田奈津子

幼少期から大学までバレリーナとして活躍。 過酷なレッスンで幾度のケガを繰り返しながらも頭角を現すまでに成長。大学を卒業すると同時にバレエでプロの道に進むかケガの経験を生かした職業に就くのかを悩んだ挙句、医療の道に進む。
主にお子様や女性、ご高齢の方の施術を担当し、ソフトな施術で対応しています。

柔道整復師養成学校を首席で卒業し、医学的知識が豊富で負傷部位に対する超音波画像判断技術は定評があります。
また、足のトラブルに対してもインソールとシューズのフィッティングに長けており長年、足やヒザのトラブルで苦しんでおられた患者様から好評です。