MENU

ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 地域のコンビニはレベルが高い という話

ブログ2018.01.14

地域のコンビニはレベルが高い という話

facebook

Twitter

LINE

地域のコンビニはレベルが高い という話

コンビニのちょっとした話なのですが…
先週に富山大学と福井大学での仕事が入り愛車の軽トラックのサンバーで北陸へ。
どの地域に行くにも、どうしても時間の都合で食事は移動の合間にとることになります。
なので、朝昼はコンビニ食事をすることが多い宿命。
しかし、食の加工法や保存料などでこだわりがある私はついつい「手作り感」満載のコンビニを探してしまう癖があります。

今までで感動したコンビニは北海道の「セイコーマート」。
ホットシェフと言うコーナーの手作りおにぎりや、から揚げなどのコーナーが整っています。
個々のおにぎりは本当に店内厨房で作られている為、おにぎりの塩加減が部分によって異なる事があり、更に店ごとによって味が微妙に異なります。もちろん、どの店も美味しいんですけどね。

また、5年前に広島カープの選手のケガ対応の為、訪れた宮崎の日南キャンプで見つけたのが「エブリワン」と言うコンビニでした。
これまでにも10年連続で宮崎市内には巨人のキャンプ、選手対応の為に行っていたのですが、不思議と発見することはありませんでした。

そんなわけで、日南に初めて行ったときに見つけた「エブリワン」にはもちろん、入りますよね。
中は、、
店内厨房のオンパレード!それはそれは感動的なコンビニでした。
その後、ヤクルトの2軍キャンプ地の西都に行っても「エブリワン」を発見し、よく道中を観察してみると比較的九州の田舎に見かける九州のコンビニである事がわかりました。
しかし、今や「エブリワン」も「ココストア」と共にファミリーマートに吸収され存在していません。

ところが。。
最近になって「ファミリーマート」で上手く行かなくなった方が「タック・メイト」と言うコンビニブランドを立ち上げられたんです。
エブリワンとココストアのノウハウをそのまま生かした、店内厨房の手作り惣菜や弁当などを取り扱うお店を展開し始めていますので、私はとても期待しています。

昨年末に青森県でも数店舗しかないコンビニのオレンジハートを少し紹介いたしましたが、個々のお店も店内厨房で結構な変わった物を提供してくれます。あるお店では店内に「いけす」がありホタテ貝の販売をしている全国的にもかなり珍しいコンビニもありました。

地域のコンビニはレベルが高い という話


そして、そして今回紹介するのが、「オレボステーション」と言う福井県の限られた地域にしかないコンビニです。
このコンビニを3店舗ほど回ってきたのですが、中でも北陸道の北鯖江PA(上下共)にあるオレボステーションが素晴らしい!
店内で食べることが出来る越前おろし蕎麦がPA・SAとしてはかなり美味しく、福井産のお米を使ったおにぎりもおすすめです。
このオレボステーションはお店ごとに若干の取り扱い品が異なりますが、地産地消とコンビニとしては珍しく、フルーツなどに於いてもかなりの上級品を安価で提供してくれます。
特に夏の冷えたスイカはたまらない味です。

そんなこんなで今年もプロ野球のキャンプ地を回りますので、プロ野球情報よりも色々な食べ物情報を提供させて頂きます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

この記事をシェアする

facebook

Twitter

LINE