MENU

ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 北海道で飲むコーヒー 美味のワケは。。

ブログ2017.12.27

北海道で飲むコーヒー 美味のワケは。。

facebook

Twitter

LINE

北海道で飲むコーヒー 美味のワケは。。

22日~25日に掛けて大阪~知床~札幌~青森~八戸~奈良~東京へ出張に行ってまいりました。

出張の楽しみは、地域の食材と温泉を探すことなのですが…

今回の出張は超多忙で、北海道ではセイコーマートのおにぎりを移動最中に食べるだけ。それでも何とか、北海道最終日にやっと美味しいカレーライスにありつけました。

このカレーライスが食べられるお店は大雪山の雪深い地域にある「奥白滝の道の駅」。
札幌から北見を結ぶ高速道路沿いにあり、本当にポツンと寂しい所にあるお店なのですが、真冬に行くと何故か安らぎを感じてしまう不思議なお店です。

北海道で飲むコーヒー 美味のワケは。。


もともとこのお店のコーヒーがとても美味しくて気に入っていました。
よほど手の込んだコーヒーと思いきや、実はコンビニでも取り扱いをされているコーヒーメーカーである事が判明。
それでも美味しいコーヒーには違いなく、その美味しさの秘密を店主に聞いてみました。
すると「大雪山の雪解け水(伏流水)を使っているからではないでしょうか」という答えが。
納得です。水が変わればこんなに美味しいコーヒーになるんですね。

北海道で飲むコーヒー 美味のワケは。。


そして、カレーライス!
お店手作りのカレーは、玉ねぎの名産地である北見産の良品をふんだんに使っていまして、
それはそれは美味く、こちらも大変気に入っています。

北海道で飲むコーヒー 美味のワケは。。


ところ変わって、青森では今年の夏に米麺うどんの「徳さん」と言うお店に出会いました。
青森県でしかないコンビニ「オレンジハート」に併設している食堂なのですが、
当初私はコンビニの延長で店内で食べるうどんだから期待をしていませんでした。
ところが、食べてみるとかなりのビックリ度!美味しくてたまらない!そんな逸品と言うか絶品と言うべきうどんを出す驚きのお店に出会ったのです。
何度も言いますがローカルなコンビニの中にある片手間と言っても過言ではない「お米のうどん」です。
作っているのは80歳前後のおばあちゃん。手作りの出汁が絶妙過ぎて思わず美味しいと厨房をのぞく程のインパクト…

そして今回の出張時にも、夏に出会ったあの味が忘れられず、「徳さん」に立ち寄ってみました。が、お店は休業状態。
残念!しかし、高齢の「おばあさん」だっただけにとても心配になってしまい、
(私の悪い癖)現地調査を開始。
すると、このお店は今年の初めにそもそも閉店を決意して店を閉めていたことが分かりました。にもかかわらず、トラッカー等の利用客が存続を求めて8月から営業を再開していたとのこと。私がたまたま夏に立寄っていた時期は、ちょうどその頃だったようです。
ただ、最近は店を開けている形跡はなく、電話回線は残存されているもののつながらない為、来年の春にもう1度、アタックしてみます。

北海道で飲むコーヒー 美味のワケは。。


そして、青森と言えは八戸のせんべい汁が私の大好物!最近よく耳にするB級グルメ
なのですが、そのほとんどが町おこしの為に後から作られているB級グルメ。
しかし、南部せんべいを使ったせんべい汁は八戸を中心とした南部地域の伝統的な郷
土料理。しかも、味も関西人が好む味です。

今回は時間の都合で新幹線の待ち時間で八戸駅舎内(改札の外)にある郷土料理店
でせんべい汁を食べたのですが、やはり美味しくておすすめです。

この記事をシェアする

facebook

Twitter

LINE